試験日:
2020年11月22日(日)
2021年3月28日(日)
2021年6月27日(日)
申込期間:
11/22(日) ⇒9/15~10/26
申込地及び受験地:
JSU星日外国語学院
(中国語検定試験シンガポール会場)
1 Coleman Street #02-25 The Adelphi Singapore 179803
受験案内はJSUへお気軽にいらしてください。
主催 日本中国語検定協会 http://www.chuken.gr.jp
申し込み要領:
1.
写真を必ずお貼り下さい。(縦4cm x 横3cm)
2.
申し込み用紙をご記入ください。
– 併願の場合には受験級のマークを2ヶ所塗りつぶしてください (申込後の級の変更はできません)
3.
料金はシンガポールドルと日本円(現金のみ)がご利用できます。日本円のおつりはご用意しておりませんので、おつりのないようお願いいたします。
4.
当校にて受験される方の受験票はJSUに届きます。
5.
基本的に受験票はJSUにてお渡しいたします。こちらで一括に届いた後、各受験者様にSMS等でご連絡させていただきますので、弊校までお越しくださいませ。 郵送は承っておりません。
受験申込書サンプル
受 験 料
受験級
日本円
SGD
1級
(時間: 13:30 – 15:45)
9,700円
S$126
二次試験
会場:日本
準1級
(時間: 10:00 – 12:15)
8,700円
S$113
二次試験
会場:日本
2級
(時間: 13:30 – 15:45)
7,200円
S$94
3級
(時間: 10:00 – 11:55)
5,200円
S$68
※ご注意

・S$1 = 77円で換算
・日本円でお支払いの際はお釣りをご用意しておりませんのでおつりのないようお願いいたします。

4級
(時間: 13:30 – 15:25)
4,200円
S$55
準4級
(時間: 10:00 – 11:15)
3,200円
S$42
「解答と解説」 速報・予約の価格
受験級
日本円
シンガポールドル
1級
現在承っておりません
現在承っておりません
準1級
2級
3級
4級
準4級
認定基準と主題内容
準4級:
中国語の学習を進めていく上での基礎的知識を身につけていること。(学習時間60~120時間。一般大学の第2外国語における第1年度前期修了、高等学校における第一年度通年履修、中国語専門学校・講習会等において半年以上の学習程度。)

<主題内容>
以下に限定する:
①基礎単語約500語(簡体字を正しく書けること)
②ピンイン(表音ローマ字)の読み方と綴り方
③単文の基本文型
④簡単な日常挨拶語約50~80

4級:
中国語の基礎的事項をマスターしていて、平易な中国語を聞くこと、話すことができること。(学習時間120~200時間。一般大学の第2外国語における第一年度履修程度。)

<主題内容>
単語の意味、漢字のピンイン(表音ローマ字)への表記がえ、ピンインの漢字への表記がえ。常用語500~1,000による中国語単文の日本語訳と日本語の中国語訳。

3級:
中国語の一般的事項をマスターしていく、簡単な日常会話ができ、基本的な文章を読み、書くことができること。(学習時間200~300時間。一般大学の第2外国語における第二年度履修程度。)

<主題内容>
単語の意味、漢字のピンイン(表音ローマ字)への表記がえ、ピンインの漢字への表記がえ。常用語1,000~2,000による中国語複文の日本語訳と日本語の中国語訳。

2級:
複文を含むやや高度の中国語の文章を読み、3級程度の文章を書くことができ、日常的な話題での中国語による会話が行えること。

<主題内容>
単語・熟語・慣用句の日本語訳と中国語訳、多音語・軽声の問題、語句の用法の誤り指摘、100~300字程度の文章の日本語訳と中国語訳。

準1級:
中国語の全般的事項をマスターし、社会生活に必要な中国語を基本的に習得していること。通常の文章の中国語訳・日本語訳、簡単な通訳ができること。

<主題内容>
新聞・雑誌・文学作品・実用文などやや難度の高い中国語の日本語訳と中国語訳。

1級:
中国語全般にわたる高度な運用能力を有すること。十分な読解力・表現力を有し、相当複雑な中国語及び日本語(例えば挨拶・講演・会議・会談など)の日中両国語による翻訳・通訳ができること。

<主題内容>
(1次)時事用語も含む難度の高い中国語の日本語訳と中国語訳。 熟語、慣用句等を含む総合問題(年1回11月実施)
(2次)中国人との会話及び通訳(年1回12月又は1月に実施)

* なお、その他の詳しい情報については学校へ直接お気軽にご連絡ください。

このホームページについては、版権を所有しています。 Copyright © 星日外国語学院より 解析度が1024×768のIEにてご覧になってください。